« ゆる体操で試験に合格する方法(2)センターを使う | トップページ | 教室・講座案内 »

2017年6月12日 (月)

ゆる体操で試験に合格する方法(3) ブレーキ成分を取り除く

最近、自分にとって大切な試験に10回目のチャレンジして合格したのですが、前回までと何が
変わったのかというと、より熱心にトレーニングに励んだわけではなかったのです。

今回の合格の秘訣は「自分の中に巣食うブレーキ成分を取り除くことに(ある程度)成功した」ということにつきます。

高岡先生の著書、とくにサッカー関連の本を読んだ方は「ブレーキ成分 vs アクセル成分」という理論にお馴染みのことでしょう。

試験に合格するには、勉強をどんどんする、暗記に励むというような行動(アクセル成分の強化)がもちろん大切ですが、それと同時に、自分のやる気を削ぐ思考や行動を出来るだけしないようにする(ブレーキ成分の排除)が同じように大切です。

ここに全く同じ実力の受験者が二人居るとして、その片方がいつも「合格しなかったらどうしよう」「自分って本番に弱いんだよな」ということばかり考えていたとしたら、その人物は必ず本番で実力を発揮できずに、ライバルに負けて終わりとなります。

ネガテイブ思考をやめようということは、よく言われていますけれども、それが自分の足を引っ張っているとハッキリ心の底から認識することが大事です。

私だと、自宅でゆる体操の練習をしていろ時など、イヤなことをちらとでも考えると、一気に身体が固まり、センターがつぶれるのがわかります。

自分の中の、自分の足を引っ張って、真の実力発揮を難しくさせているブレーキ成分を見つけ、取り除くことです。全てでなくとも、たとえ20%だけでも取り除くことに成功したらスゴイです。それはそのまま自分の実力を20%アップさせることになるのですから。

私も今回、ブレーキ成分を取り除くことにいくらか成功しました。次回はもう少し行きたいなと思っています。

« ゆる体操で試験に合格する方法(2)センターを使う | トップページ | 教室・講座案内 »

ゆる体操の効果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1373951/70840526

この記事へのトラックバック一覧です: ゆる体操で試験に合格する方法(3) ブレーキ成分を取り除く:

« ゆる体操で試験に合格する方法(2)センターを使う | トップページ | 教室・講座案内 »

フォト

Twitter

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ