« 指導の気合 | トップページ | What's New »

2016年3月20日 (日)

老化。ロッカーの死。

キース・エマーソン Keith Emersonが亡くなりました。

私は中学生のころからずっと洋楽ファンで、とくにブリティッシュ・ロック好きだったんです。

中でもエマーソン・レイク&パーマーは一番好きなバンドだったですね。とくにアルバムの一枚目、4枚目が好きで、今でも時折聞いて「やっぱええな〜〜〜!」と悦に入ってるんですけれど、その一人が死んだ。

銃による自殺。

腕の神経を傷め、手術後も症状が改善せず、間近に控えた海外ツアーを控えて悩んでいたとのこと。

なんということ。4月に大阪ビルボードに来るはずだったのに。

晩年の写真を見ると、「これがあの・・・?」と思うほど無残に老化していました。体が固まってしまっていたんだろうなあ。悲しいなあ。あんなにカッコよかったのになあ。

天才的なアーティストも老化に勝てなかった一例というところでしょうか。

このごろ、デヴィッド・ボウイ、グレン・フライと、大物ロッカーが次々と老いて亡くなり、寂しい限りです。

ゆる体操をやってくれていれば。そう思うのも虚しいです。

せめて自分だけは加齢とともにゆる体操で若返っていこう。そしてそれを発信していこう!と思うのです。

« 指導の気合 | トップページ | What's New »

ミュージック」カテゴリの記事

コメント

老化と死…重いテーマです。一般的には老化があって死を迎える…と考えられてますが、ゆる体操を長年やっておられる方は、生徒さんなり、指導者さんなり、だんだん年齢不詳になっておられる気が…。でも、不死身になるわけではない。もし、そうなったとしても、幸せかな…とも思いますし。


ゆる体操で健康になった人にも老化はやってくるけどそれは穏やかなゆるやかなものということなのでしょうか。そして、やがて穏やかで安らかな死を迎える、ということなのでしょうね。

そうですね、ゆる体操を長くやっている人は、年齢不詳の人が多いですよね!(^○^)
私も、ゆる体操をサボッてて老化に追いつかれてしまった{(-_-)}なんてことが起こらないように、しっかり取り組んでます。
ピンピンコロリという言葉がありますね。ずっと元気でいてコロッといく、それが理想です。
ゆる体操で、身体が変わって行くとそれが可能になると思ってやっていますよ。♪♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1373951/64555285

この記事へのトラックバック一覧です: 老化。ロッカーの死。:

« 指導の気合 | トップページ | What's New »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ