« 新年明けましておめでとうございます。 | トップページ | 計画を立てるということについて。 »

2012年1月 2日 (月)

「なぜか負ける気がしなかった。」

元旦の朝日新聞の五輪特集に、女子サッカーの川澄奈穂美選手と、ワンバック選手の紙上対談がありました。

W杯の決勝を振り返り、川澄選手は

    「なぜか負ける気がしなかった。なんでだろう。根拠があるわけではないんですよ。」

    「最高に楽しかった。疲れなかったし、ずーっと試合をしていたいなって思った。」

と語っています。

ゆるんで壮大なセンターが立ち上がった時の感覚ですね。

ワンバックもこう語っています。

    「日本の選手は何か偉大なもののためにプレーしていた。」

これは畏怖に近い感覚でしょうか。

こう感じた時点で、すでに潜在意識では負けているってことですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« 新年明けましておめでとうございます。 | トップページ | 計画を立てるということについて。 »

テレビ、マスコミ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1373951/43593634

この記事へのトラックバック一覧です: 「なぜか負ける気がしなかった。」:

« 新年明けましておめでとうございます。 | トップページ | 計画を立てるということについて。 »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ