« ゆる体操の本でゆるむ。 | トップページ | 私のエリクシール。 »

2011年9月12日 (月)

おむつばなれの時期について。

福海先生のブログに、おむつばなれのことが載っていますね。
http://86777562.at.webry.info/201109/article_15.html

現在のおむつばなれの平均が3才8ヶ月って・・・ホント?!coldsweats02と思わず声に出してしまいました。

2人の子供(今はどちらも成人)を育てた母親の立場から言うと、

健康な子供の場合、おむつばなれは保育者の決意と多少の工夫さえあれば簡単にできると思いますよ。

私の子供達は、1才のお誕生のころにおむつがとれました。

おしっこをお漏らししても平気なように、部屋の中にビニールシートを敷いて取り組みましたね。2日目か3日目には、ちゃんとトイレの仕付けが出来たと記憶しています。20年ちょっと前の話です。

ただ、最近は多くの子供達がもっと大きくなるまでおむつを当てていて、「それが普通、当たり前」になっているのでしょうね。

私の知り合いの男の子(現在は小学校低学年)などは早い時期におむつがはずれたのに、どういうわけか、しばらくするとまたおむつに戻ってしまい、

とうとう3才過ぎまでおむつをしていたそうです。ごく平均的なおむつばなれの年齢ですね。

「ご近所の同年齢の子達がまだ皆おむつをしていたので、『自分一人だけ違うことをしているのは居心地が悪い』と、幼な心に感じ取ったのかも知れないなあ」と、

その子の身近に居た人から聞きました。

今となっては真偽のほどは分かりませんが、(その子自身ももう覚えていないでしょうが)

もしそうだとすれば、環境の悪影響と言っても良いでしょうね。

« ゆる体操の本でゆるむ。 | トップページ | 私のエリクシール。 »

おむつなし育児」カテゴリの記事

指導員のブログ」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
紙おむつはおむつばなれが遅く、三歳ぐらいでないと取れない、と言われているのも一昔前の話になりつつある、と三砂先生はおっしゃっていました。そして、20kgの子どもに対応したおむつが販売されている、とも。
ほんの四半世紀前の日本では考えられないことです。

幸い、おむつなし育児の関心もだんだん高まってきているように感じます。
北陸では特に福井で実践している人が増えていて、このような方たちに少しでもサポートできたらなぁ、と思っています。

福海先生、コメントをありがとうございます。happy01 体重20kg対応おむつとは、すごいですね。
おむつをしている幼稚園の年長さん〜電車の中で膝を開いたまま眠りこけている女性〜外股の若手男性タレントの面々・・・と、私などはイメージが連なってしまいます。
ただ、この状況も、陰が極まれば陽に転ずるように変化してくることでしょうね。
私もおむつなし育児の賛同者、実践者が増えてくることを期待しています。
自分の娘に赤ちゃんが産まれたら、ぜひ、おむつなし育児を勧めたいです。(いつのことやら分かりませんが)heart

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1373951/41646894

この記事へのトラックバック一覧です: おむつばなれの時期について。:

« ゆる体操の本でゆるむ。 | トップページ | 私のエリクシール。 »

フォト

Twitter

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ