« 一日一枚クラシック。(26)ヨハンナ・マルツィ『Vol.1』 | トップページ | こむらがえりとゆる体操。 »

2011年7月 5日 (火)

しゃがみ産の経験者のお話。

もう20年以上も前のこと、私の長男がお腹の中に居た時のことです。

出産予定日を間近に控え、大きなお腹を抱えている時に、親戚の、当時90才近かったおばあちゃんが

「もうすぐやなあ。産まれそうになったらなあ、天井から縄かシゴキを吊って、

それにしっかりつかまってな、しゃがむんやで。その時にな・・・」

と、身振り手振りを交えて一生懸命教えてくれかけた時に、回りにいた中年女性たちが

「おばあちゃん、そんな大昔のこと、話すのやめときよ。今はキレイな清潔な病院の分娩室で、天井向いて産むんやから。」

とおばあちゃんの話をさえぎってしまいました。

私はもっと聞きたかったので、「話してくれる?」とお願いしたのですが、

おばあちゃんは皆の言葉に傷ついたようで、二度と口を開いてくれませんでした。

ああ、あの時にもっと話が聞けていたら・・・と今でも思います。

そのおばあちゃんは今生きていたら110才くらい、明治生まれの女性です。

おばあちゃんは、吉野の奥深い山村で、産婆さんもおそらく居ないような小さな在所(集落)で、

母親や年上の女性達から教えてもらった通り、そうやって何人もの子供を産んだのでしょう。

天井の梁から縄のようなものを吊るし、それにすがりつつ、しゃがみ姿勢で産むというのは、

素人の考えですが、センターの理論に叶っているように思います。

意外に楽だったのかも知れないし・・・楽ではなかったのかも知れません。今となってはもう分かりません。

« 一日一枚クラシック。(26)ヨハンナ・マルツィ『Vol.1』 | トップページ | こむらがえりとゆる体操。 »

ひとりごと」カテゴリの記事

大和撫子のからだづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1373951/40688749

この記事へのトラックバック一覧です: しゃがみ産の経験者のお話。:

« 一日一枚クラシック。(26)ヨハンナ・マルツィ『Vol.1』 | トップページ | こむらがえりとゆる体操。 »

フォト

Twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ