« 東日本大震災復興支援 ゆる体操プロジェクト 発足。 | トップページ | ホワイトソースが上手に出来ました。 »

2011年4月 9日 (土)

解剖学の参考書。

こんにちは。ゆる体操の中田ひろこです。

いつも食卓のそばにある本です。時々開いて見ます。

鍼灸師になるために、専門学校へ通っていたころに買ったものです。

全部で4巻ありますが、一番よく参考にするのは、第一巻『総説・骨学・靭帯学・筋学』です。

骨の形などを正確に把握してから基礎ゆるを行なうと、効果がものすごく違います。

(少なくとも、私はそうです。)

解剖学―分担 (1) 解剖学―分担 (1)

著者:森 富,小川 鼎三,森 於菟
販売元:金原出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 東日本大震災復興支援 ゆる体操プロジェクト 発足。 | トップページ | ホワイトソースが上手に出来ました。 »

ひとりごと」カテゴリの記事

ゆる体操の効果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1373951/39545518

この記事へのトラックバック一覧です: 解剖学の参考書。:

« 東日本大震災復興支援 ゆる体操プロジェクト 発足。 | トップページ | ホワイトソースが上手に出来ました。 »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ