« おそうじ修行。 | トップページ | 『肩の荷をおろして生きる』 »

2010年8月 9日 (月)

こむらがえり。

ゆる体操を始めてから、こむらがえりを起こしにくくなったというお話を、教室の生徒さんたちからよくうかがいます。

私自身も以前はよく、朝の起き抜けにこむらがえりを起こしていました。
あれって、ものすごく痛いですよね!しかも、クセになるんですよね。毎朝のように起こしていた時期もありましたよ。

起き抜けに寝床の中でう〜んと伸びをしたとたんに、バキン!
「イテテテ!!」と朝から大声。crying
ふくらはぎを必死でさすったり揉んだりしてもなかなか直らず、やっと直っても、エネルギーを使い果たしてゲッソリ・・。

けれども、ゆる体操を始めてから、ほとんど起こすことがなくなりました。

ただ、ひどく疲れた時などは、今でも(タマにですが)こむらがえりを起こすことがあります。

しかし今は、自分で即座に直すことができます。
バキン!と来たら、慌てずにカンカンに緊張してけいれんしているふくらはぎの筋肉を脱力するのです。
すぐに、ふくらはぎが柔らかくなり痛みが消えています。所要時間、数秒。

練習したのではなく、ある時、自然にできるようになっていたのです。

ゆる体操を行なっているうちに、身体の特定の部分の力を抜くことができるようになってきたんだなと考えています。

こむらがえりを起こしにくくなった、そして、起こした時もパッと直せるようになった。

ゆる体操の効果です。
  

« おそうじ修行。 | トップページ | 『肩の荷をおろして生きる』 »

ゆる体操の効果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おそうじ修行。 | トップページ | 『肩の荷をおろして生きる』 »

フォト

Twitter

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ